修徳学園 修徳中学校・高等学校

創立年月日 1904年4月22日 所在地 東京都
校種 中学校/高等学校

110余年の歴史 卓越した学習環境と設備で「文武一体」を体現する

詳細を開く

 1904年の創立以来、一貫して「文武一体」の教育に取り組んでいます。環境変化の厳しい現代社会では、未知なる課題への対応力が求められます。本校では在学中に、基礎的な知識およびその活用能力を習得し、課題を解決するための思考力を育成します。そのために、学習とクラブ活動を両立させ、主体的に勉学に取り組む姿勢を涵養することを重視しています。また、その一助として大学受験専用学習棟である「プログレスセンター」や生徒一人ひとりが自身の将来と真剣に向き合う「進路」の授業など、他にはない取り組みを行っています。

求人教科

求める人物像

 今後社会が劇的に変化していく中で、その変化に柔軟に対応し、生徒と共に成長できる人材を求めています。従来から教員に求められる「教科指導力」の重要性は変わりません。しかし、高大接続改革に表れているように、学校は一層社会に対して価値を与える人材を育成することが求められます。その為、教師自身が「課題発見力」を身に付け、「主体的」に行動していく必要があります。多様な人材と協力していける「協調性」も必要でしょう。修徳学園は教員としての基本的な力を大切にしつつ、変化に柔軟に対応していく学校です。キーワードとした「教科指導力」「課題発見力」「主体性」「協調性」を身に付ける素養のある方を積極的に採用していきます。

本校教員の仕事の紹介

理科 吉名 晃一

 私は今年度3学年の担任を努めております。1日の業務内容としては、学級経営や生物の授業、部活(科学部)の指導の他、隙間時間で校務分掌業務や学年団の担当業務を進めております。本校の生徒は真面目で素直な生徒が非常に多いです。そのため、授業内や休み時間、放課後など生徒から積極的に声を掛けに来てくれることが多いです。内容は進路相談、教科の質問など様々です。生徒が悩みを解決し、翌朝も元気に登校してきてくれるよう、教職員一同協力して生徒をサポートしております。

キャリアイメージ

数学科  小嶋 健太郎

 本校は教員同士で一致団結し、生徒一人ひとりが社会で活躍できる力を養うことを目標としています。そのために我々教員が「教科指導力」「課題発見能力」を「主体的」に身に付け、生徒に指導していきます。どのような授業が生徒に必要なのか、どのような指導が生徒に必要なのか。自分だけで考えるのではなく、教員間で助け合いながら生徒第一で行動しています。テスト作成や担任業務など、責任のある仕事を持つことで組織の一員になったことを自覚し、自分の必要性を感じることのできる職場です。

若手教員の紹介

国語科 今田 久博

 私は修徳学園の受験指導の方針に感銘を受けて入職を決めました。生徒それぞれに合わせた勉強法や課題を話し合う一般対策会議、併設するプログレスセンターでの指導など、他校では見られない受験サポートがあり、学校内で完結する受験指導が実現できていることが大きな魅力だと思います。
 授業についても、教科主任や横並びの担当教員同士で授業方針や指導法を共有し、話し合うことができるため、教員としての経験が浅くとも教科全体でサポートしていただき、安心して授業を行うことができました。
 責任の大きな仕事ですが、教員が一丸となって生徒の将来を考えることができる素晴らしい環境です。

若手教員の紹介

英語科 柳澤 ふみ子

 私は、大学を卒業してすぐに修徳学園の教員になり、今年で3年目になります。1年目・2年目は不安なことや分からない事がある時は、上司や先輩の先生方が相談に応じてくれ、話を聞いてくれたので、安心して仕事をすることができました。
 授業では、自分が大学で学んでいた教授法や専門知識を活かして、生徒のためになることは何かを考える・生徒と一緒に授業を作っていくことができます。特に本校の生徒は、一生懸命教員の授業やサポートについて来てくれます。その努力の結果が成長につながる生徒が多くおり、「高校1年生の頃と比べて変わったね」と声かけができることに喜びを感じています。

本校独自の学習環境を完備!

 プログレス学習センターとは放課後における大学進学希望者の為の独立した学習環境と学習システムを備えた施設です。受付カウンターにおいては生徒個人IDメールによる入退室管理から進路学習相談、自習室では独立した個別ブースを利用し学習効果を上げていきます。また、大手塾予備校と連携しての受験サポートシステムの導入により、チューターによる学習サポートや進路アドバイスも手厚く行っています。自立した学習習慣を確立させ大学受験力の向上を図り、難関有名大学合格を目指します。

採用に関するお問い合わせはこちら

採用担当 守屋
moriya@shutoku.ac.jp

※授業等でお電話に出られないことが多いため、メールにてお問い合わせをお願いいたします。