日本の教育先進校

54

 女子校の特長は? 共学に比べ人間関係が圧倒的に楽! 自分を変に取り繕うことなく、のびのびと生活・学習ができる。「素」の自分でいられる。女子のための、進路指導・学習指導ができる。 などが挙げられる。本校は学習・生活の基本を徹底し女子生徒を大きく伸ばしたい。そのために、正式採用の先生が日本でも有数の多さであり、生徒と先生が二人三脚の育成型教育、女子生徒の使い勝手を追求した新校舎、幅を広げるためのフ ...

続きを読む

 本校は昭和36年に男女共学の「共栄高等学校」としてスタートしました。昭和43年には、「共栄学園中学校」が開校、「濃密学習」を展開するため二人制指導のバタビア教育システムが取り入れられました。  共栄学園の中高一貫教育はバタビアコースという愛称で呼ばれ、一円の優秀な生徒が集まり、毎年東大や京大をはじめ多数の難関大学に合格者を出すようになり、今では京都府北部の中高一貫の進学校として認められるようにな ...

続きを読む

自修館の人間教育 私たちは、ユニークな行事やカリキュラムを積極的に取り入れ、「こころが育つ進学校」としての実績を重ねてきました。独自の4学期制による6年一貫教育、「探究」という名の総合授業、EQ理論を取り入れたこころの教育、男女共学、少人数制による行き届いた学校環境のもとで理想の中等教育を追求し、その教育内容は創立13年目を迎えた今日もたゆまぬ進化を続けます。

続きを読む

追手門学院中学校・高等学校は、現在改革第期と位置づけ、学院理念:「独立自社会有為」の人材育成を目標として、「進進プロジェクト」(進学+進路)を主軸に教育活動を展開しています。 中高一貫校として確立、難関国公立大進学実現にシフトなど、改革期の学校目標に向けて、取り組んでいます。「私学らしいあたたかみのある進学校」が塾関係からいただいている評価です。 職場はとても意欲的でまとまっており、明るく活気があ ...

続きを読む

 本校は「自主・自律」の精神と幅広い「職業観」を養い、目的意識を持った進学の実現により、将来、実社会で活躍できる人材を育成する」を教育理念に、大学への進学はもちろんのこと、むしろ大学進学後、あるいは社会に出たときに活躍できる力を身に付け、将来社会で貢献する人材を育成します。本校は生徒の成長を第一に願い、”学力”と”人間力向上”を常翔教育の柱とし、様々な学校改革に取り組んでおります。  近年では、更 ...

続きを読む

54