日本の教育先進校

50

本校の創立者は、富士銀行(現株式会社みずほフィナンシャルグループ)・安田生命保険(現明治安田生命保険相互会社)・安田火災海上保険(現株式会社損害保険ジャパン日本興亜)・安田信託銀行(現みずほ信託銀行株式会社)などの諸会社を起こした実業界の偉人安田善次郎です。本校は、創立者の「実業界の有用な中堅人物の育成は、社会発展の基礎である」との信念を実践するために設立されました。

続きを読む

 2024年、学校法人北海道科学大学は創立100周年を迎えます。この間、本法人では「新しい価値を創造する実学系教育を通じ、地域社会からの期待に応え、一人ひとりが輝く、北海道の発展に寄与する有為な人材を育成する」の経営理念の下、本道の高等教育及び後期中等教育の充実に努めてまいりました。さらに、現在、今後の100年をも見据え、「+Professional」を新たなスローガンに掲げ、基盤能力と専門性を兼 ...

続きを読む

 本校は「自主・自律」の精神と幅広い「職業観」を養い、目的意識を持った進学の実現により、将来、実社会で活躍できる人材を育成する」を教育理念に、大学への進学はもちろんのこと、むしろ大学進学後、あるいは社会に出たときに活躍できる力を身に付け、将来社会で貢献する人材を育成します。本校は生徒の成長を第一に願い、”学力”と”人間力向上”を常翔教育の柱とし、様々な学校改革に取り組んでおります。  近年では、更 ...

続きを読む

秋草学園は昭和24年に創立し、現在、埼玉県所沢市に秋草学園短期大学と秋草学園福祉教育専門学校、狭山市に秋草学園高等学校と社会法人あきくさ保育園を擁する学園です。  高等学校は昭和57年に創立し、今年で39年目を迎える普通科の女子校です。建学の理念に「愛され信頼される女性の育成」を掲げ、その理想とする人間像・女性像を実現するための基盤として、「礼節」 「勤勉」「協調」の三つの精神を重視しています。現 ...

続きを読む

私たちは創立以来、「多様性と共生」という課題に取り組んできました。そして生徒一人ひとりに、自らの強みを生かして、物事の本質を見極め、世界と繋がり、周囲の人々を支える存在になってほしいと考えています。本校では、4つの学科・コース、様々な特化型カリキュラム、国内外での学校行事を通じた体験学習、ICTを活用した新しい学習スタイル、多彩な補講や部活動などを準備することで、自らの興味・関心に基づいた主体的な ...

続きを読む

明るく穏やかで思いやりのある生徒たちが、閑静な住宅地にある自然あふれるキャンパスで楽しく学校生活を送っています。「先生と生徒の鼓動が響きあう、木もれ日の学園」というキャッチフレーズの通り、きめ細かい働きかけに、生徒たちも心を開いて親密なコミュニケーションがとられています。学習指導、進路指導、行事や生活指導についての満足度も高く、放課後の部活動も活発で約9割の生徒が何らかの部に所属しています。

続きを読む

「信・望・愛」 聖ヨゼフ学園では、「信・望・愛」の建学の精神を校訓とし、次の具体的な教育方針を定めました。 (1)カトリックの教えに基づき、愛の心を涵養する。 (2)知性、徳性を高め、心身を鍛え、社会に貢献する人を育てる。 (3)神にいただいた個々の賜物に気づき、生かそうとする姿勢を育てる。  以上の教育方針に基づき、聖ヨゼフ学園では教科にとどまらず、ミサや他の宗教行事、修養会等の宗教教育に力 ...

続きを読む

【学園の歩み】 筑紫女学園は、1907年(明治40年)に筑紫高等女学校を開校し、中学校・高等学校、大学・大学院や幼稚園の開設など、仏教の教えのもと、女性の自立を支援する教育を行っています。 特に、中学校・高等学校は、「自立した女性」の育成を使命として掲げ、今日まで、45,000名を超える卒業生を社会に送り出してきた、創立114年の歴史と伝統がある学校です。 筑紫女学園の創設者であり、初代校長であっ ...

続きを読む

学校法人津田学園は昭和47年、笹川幼稚園(現:津田第一幼稚園)の開園からその歴史をスタートさせました。現在は、5つの幼稚園、小学校、中学校、高等学校、進学塾、そしてスポーツクラブや芸術・文化振興を目的とする各種教室を擁する総合学園として発展しています。45年間の歴史と実績に裏付けられた高い教育力。総合学園ならではの安心・安定の環境。学園内の教員交流も盛んで、教員として幅広く成長する機会にも恵まれて ...

続きを読む

本学園では21世紀を担う日本人としてのアイデンティティーを確立した「世界のトップエリート」を小・中・高の12年一貫教育の中で養成するため、清流入間川を臨む武蔵野台地に西武学園文理小学校を開校しました。世界の共通言語である「英語」を小学校1年生から系統的に教育し、英語のシャワーの中で語学力の充実を図ります。また、今日の高度に情報化された社会で、インターネットやコンピュータを知識獲得の道具として活用し ...

続きを読む

50