修徳学園 修徳中学校・高等学校

創立年月日 1904年4月22日 所在地 東京都
校種 中学校/高等学校

110余年の歴史 卓越した学習環境と設備で「文武一体」を体現する

詳細を開く

1904年の創立以来、一貫して「文武一体」の教育に取り組んでいます。環境変化の厳しい現代社会では、未知なる課題への対応力が求められます。本校では在学中に、基礎的な知識およびその活用能力を習得し、課題を解決するための思考力を育成します。そのために、学習とクラブ活動を両立させ、主体的に勉学に取り組む姿勢を涵養することを重視しています。また、その一助として大学受験専用学習棟である「プログレスセンター」や生徒一人ひとりが自身の将来と真剣に向き合う「進路」の授業など、他にはない取り組みを行っています。

求人教科

求める人物像

今後社会が劇的に変化していく中で、その変化に柔軟に対応し、生徒と共に成長できる人材を求めています。従来から教員に求められる「教科指導力」の重要性は変わりません。しかし、高大接続改革に表れているように、学校は一層社会に対して価値を与える人材を育成することが求められます。その為、教師自身が「課題発見力」を身に付け、「主体的」に行動していく必要があります。多様な人材と協力していける「協調性」も必要でしょう。修徳学園は教員としての基本的な力を大切にしつつ、変化に柔軟に対応していく学校です。キーワードとした「教科指導力」「課題発見力」「主体性」「協調性」を身に付ける素養のある方を積極的に採用していきます。

本校教員の仕事の紹介

数学科 小泉誠史

職場の雰囲気は明るく、伸び伸びと仕事ができる環境です。上司や先輩方は話しかけやすく、親身になって相談に乗ってくださるので、安心して業務を行うことができます。教員同士のコミュニケーションも盛んに行われており、生徒に関する情報共有も徹底されていると思います。私立学校ということもあり、チームで考えた企画をすぐに実践できることも魅力の一つだと思います。企画の良し悪しが生徒の反応からダイレクトに伝わってくるので、非常に責任がありますし、その分やりがいも多く感じることができます。本校の生徒たちは素朴で親しみやすいです。休み時間や放課後などは、生徒の方から積極的に教員へ教科の質問や学校生活についての相談をしに来てくれます。子供と寄り添いながら、教員としてのキャリアを積むことができる学校だと思います。

キャリアイメージ

社会科 酒谷玲奈

5年間民間企業で働いた後、昨年より修徳高校で社会科教員として働き始めました。まだまだ未熟で学ぶことの多い毎日ですが、今までの経験を活かして働くことができていると感じる瞬間もあります。例えば、教科指導やクラス経営では一人ひとりの教員に大きな裁量が与えられているため、自分次第で創意工夫をして仕事に取り組む姿勢や、自身の仕事を日々振り返り自己研鑚していく姿勢など、社会人としての基本的な能力が求められます。また、今までの経験をもとに進路指導やキャリア教育ができることが自分の強みであると実感することもあります。様々なバックグラウンドの方と一緒に仕事ができることを楽しみにしています。

プログレス学習センターを完備!

プログレス学習センターとは放課後における大学進学希望者の為の独立した学習環境と学習システムを備えた施設です。受付カウンターにおいては生徒個人IDメールによる入退室管理から進路学習相談、自習室では独立した個別ブースを利用し学習効果を上げていきます。また、大手塾予備校と連携しての受験サポートシステムの導入により、チューターによる学習サポートや進路アドバイスも手厚く行っています。自立した学習習慣を確立させ大学受験力の向上を図り、難関有名大学合格を目指します。