安田学園教育会 安田学園中学校・高等学校

創立年月日 1923年3月1日 所在地 東京都
校種 中学校/高等学校

大正12年、実業界の偉人安田善次郎が設立し、様々な社会分野に優れた人物を輩出しています。

詳細を開く

本校の創立者は、富士銀行(現株式会社みずほフィナンシャルグループ)・安田生命保険(現明治安田生命保険相互会社)・安田火災海上保険(現株式会社損害保険ジャパン日本興亜)・安田信託銀行(現みずほ信託銀行株式会社)などの諸会社を起こした実業界の偉人安田善次郎です。本校は、創立者の「実業界の有用な中堅人物の育成は、社会発展の基礎である」との信念を実践するために設立されました。
教育戦略

安田善次郎

≪安田学園の教育目標≫
自ら考え学ぶことにより,創造的学力・豊かな人間力を育て,グローバル社会で有用な人材を育成する。(自学創造)

求める人物像

安田学園がこのような教育を実現するために 1.専門性の高い学力、2.幅広く豊かな人間性・柔軟性 3.生徒との適切なコミュニケーションがとれる資質を備え、難関大進学指導(東大等の最難関国公立大学進学を目指した斬新な学習指導システム・探究心育成に向けた思考体験プログラムの実施を計画しています)とともに、将来社会人として自ら学ぶ力と豊かな人間性を育てる教育に情熱を持って取り組める人を求めています。

本校教員の仕事の紹介

英語担当 成長し続けることのできる職場

現在は高校3年生の担任をしています。教科指導はもちろんのこと、進路指導や生活指導など悩むことは多々ありますが、どんなに小さなことでもすぐに相談に乗ってくれる先輩方がたくさんいるため、ひとりで抱え込むことはありません。
 本校は若手の意見をきちんと聞き入れてくれる職場でもあります。特に教科として、特英コースでは若手の提案を積極的に取り入れてくれるので、より良いものを作りたいという意欲が湧いてきます。また、担任として卒業生を送り出すことも教師としてのやりがいのひとつだと感じています。元気いっぱいの生徒と触れ合いながら、時に生徒から学ぶこともあります。日々楽しい発見のあるこの職場で、一緒に成長していきましょう。

キャリアイメージ

理科担当 若手教員がチャレンジできる環境

 明るく人懐っこい生徒たちに囲まれ、毎日を送っています。教科指導では、目標に掲げている「科学的事象に対して興味・関心を持たせ、論理的にまとめて発表する力を育む」を目指し、実験をベースにした課題解決型の授業を展開しています。 その授業案の企画と実践は、同年代の先生方と進めており、仲間と一緒に意見交換しながら「より興味深い授業」の構築に向けてチャレンジしています。
 また、生物クラブを担当し、大学で行なってきた研究課題を、生徒と共に「究めて」います。生徒から教わることで、新しい発想が生まれます。皆さんも、本校でチャレンジしてみませんか。

安田学園の教育改革進行中

科学技術の進歩は、私たちのコミュニケーションを地球規模にまで広げ、未知の世界の発見に対する感動も与えてきました。しかし一方では、環境・人口・食糧・エネルギー問題、政治・経済・社会問題など、国内はもちろん地球規模の問題を抱えることになりました。その問題には予測できないもの、本質が見えにくいものなど、解決方法が発見しにくいものも少なくありません。そのような社会の中で、主体的な生き方をするためには、与えられた問題を解決する力だけでなく、自ら問題を発見し、創造的に考え、多くの人と協力して解決していく能力が求められます。このような理念を掲げて本校は教育改革を進めています。

学校長

蓮沼 清