常翔学園 常翔学園中学校・高等学校

創立年月日 1948年 所在地 大阪府
校種 中学校/高等学校

充実した進学指導とキャリア教育 高校レベルを超えた”恵まれた学習環境・施設” 学園内3大学との連携

詳細を開く

 本校は「自主・自律」の精神と幅広い「職業観」を養い、目的意識を持った進学の実現により、将来、実社会で活躍できる人材を育成する」を教育理念に、大学への進学はもちろんのこと、むしろ大学進学後、あるいは社会に出たときに活躍できる力を身に付け、将来社会で貢献する人材を育成します。本校は生徒の成長を第一に願い、”学力”と”人間力向上”を常翔教育の柱とし、様々な学校改革に取り組んでおります。
 近年では、更なる進学校をめざし、2008 年に校名を大阪工業大学高等学校から常翔学園高等学校へ変更し、翌年には難関国立大学への進学を目指すスーパーコースをはじめ現在の4コースにコースを改編しました。更には教育環境の充実を図るため2010年に最新の設備を取り入れた12階建ての新校舎を建設し、2011年には、念願であった中高一貫教育を実現すべく中学校を開設しました。

求人教科

教育戦略

 本校は教育理念の実現に向け、キャリア教育に力を入れています。これは常翔教育の大きな特色のひとつです。具体的な取り組みとして、1年生では全コースを対象に企業と一緒に授業を行う「企業探究学習」に取り組みます。2年生ではコース毎に取り組みが異なり、スーパー・特進コースでは大阪市(旭区)との連携で授業を行う「ヤングリーダーズプラン」、薬学・医療系進学コースでは学園内大学(大阪工業大学・摂南大学・広島国際大学)との連携で行う「夢発見ゼミ」があります。
 これらの取り組みを通し、生徒たちはコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力、情報収集・活用能力などを取得します。1年生での実績として全国プレゼンテーション大会に6年連続で出場し、優秀な成績を修めています。本校は生徒のほとんどが4年制大学に進学する進学校でありながら、キャリア教育に力を入れ、近年その実績が内外から高い評価を受けております。

求める人物像

 教員の教育力こそが学校の財産であり、教員は”学校の顔”そのものです。教育者としての誇りを持ち、自らが常に学び続ける大切さを知り、生徒と共に高みを目指す姿勢が求められます。また組織人や私学人として、果たすべき役割を自覚し行動できなければなりません。
本校の教育理念に共感し、一丸となって学校改革に取り組む魅力あふれる先生方を求めます。
 ・教育者としての責任感と使命感のあること
 ・難関国立大学および私立大学への進路指導ができること
 ・何らかの部活動の指導ができること(体育系、文化系は問いません)
 ・愛情を持って生活指導ができること
 ・何事にも積極的に自ら進んで取り組めること
 ・いつも明るく笑顔で接することの出来ること

学校概要