福島成蹊学園 福島成蹊中学校・高等学校

創立年月日 1913年6月16日 所在地 福島県
校種 中学校/高等学校

思いやりと感謝の心に裏打ちされたバランスの取れた人間づくりを目指し、自ら学び、自ら考える「生きる力」を育成する。

詳細を開く

 本校は大正2年に福島市の有識者により、“良妻賢母”の育成を旨として子女を教育する私立の女学校として創設されました。校訓は【 桃李不言下自成蹊 】、出自は中国の司馬遷著『史記』の一節、後ろから二文字が校名になっています。 以来、約90年に及ぶ「福島成蹊女学校」から「福島成蹊女子高等学校」の女子校時代を経、平成16年から共学化、21年からは“次代を担える人材の育成”を具現化すべく首都圏型中高一貫教育の為の中学校を併設する等、時代のニーズに柔軟に対応を図り100年を迎えるに至っております。

 福島成蹊高等学校は校訓に根ざした私立中学校・高等学校だから出来る柔軟で一貫性のある教育方針と教育内容を展開し、中学校に於いてはリーダーとしての人間的魅力を育む為の諸行事と、6年後の難関大学の受験を見据え綿密に練られたカリキュラムと質の高い授業を実施しております。
 また、高等学校では志望進路の実現を具体的な目標に掲げ、「普通」・「特進」の二つのコースを設置しております。 両コースとも基本的には学業成績の向上を目指す教科指導と、自己理解を深め将来の職業や人生観を育む数々の進路指導の両立を図っています。

 本校は心と体のバランスの取れた人間作りを目指し、人間性や社会性、自ら学び、自ら考える力など「生きる力」を育成しています。 また、将来は社会のリーダーとして活躍すべく“夢と気概”を持って努力し、自己実現出来る人格の形成を目指しています。
学校法人名
フクシマセイケイガクエン福島成蹊学園
学校名
フクシマセイケイチュウガッコウ・コウトウガッコウ福島成蹊中学校・高等学校
校種
中学校/高等学校
建学の精神
「桃李不言下自成蹊」
建学の精神の説明
 「桃李不言下自成蹊」を校訓に人間を大切にする人間の育成を教育の理念とする。私立高校だからできる柔軟な教育方針と教育内容を展開し、学業成績の向上を目指す「教科指導」と、将来の職業や人生観を考える「進路指導」の両立を図る。思いやりと感謝の心に裏打ちされたバランスの取れた人間づくりを目指し、自ら学び、自ら考える「生きる力」を育成する。夢と気概を持って努力し、自己実現できる人格の形成をめざす。
理事長名
鈴木 信也
校長名
本田 哲朗
所在地
〒960-8134
福島県福島市上浜町5-10
地図
電話番号
0245222049
FAX番号
0245213130
学校HP URL
http://www.f-seikei.ed.jp/
学校種別
共学校
生徒数
1052 人
教職員数
107 人
コース
 特進コースは、コース全員の現役合格を目標に、土曜日も通常授業を実施し、課外・補講等も全員参加で行なっています。また、学力向上のみならず、登山や強歩などの精神面を鍛える行事もあります。普通コースは、週5日制で、部活動・ボランティア活動・自主活動等を通じ、大学進学を主に、専門学校や就職など多種多様な進路希望に沿った指導が行なわれています。また、6年連続就職合格率100%達成しています。
主な進学実績
 平成24年度の進路状況は、国公立大学では、福島県立医科大学医学部1名、東京工業大学1名、東北大学3名、電気通信大学1名、新潟大学7名、宇都宮大学2名、茨城大学1名、山形大学7名、福島大学18名など合計67名、私立大学では、慶應義塾大学2名、早稲田大学1名、東京理科大学12名、中央大学4名、立教大学2名、明治大学5名、法政大学8名、立命館大学2名、同志社大学1名など合計544名、また、防衛大学校16名など文部省管轄外の大学校に33名合格。
主な部活動実績
 平成24年度は、運動系クラブでは、7年連続インターハイ出場の陸上競技部、水泳部は6年連続インターハイ出場を果たしている。文科系クラブでは、ギタークラブが全国ギターコンクールで銀賞を受賞した。また、男女共学6年目ということで、野球部やサッカー部の男子のクラブが増え、男子バスケットボール部や男子バドミントン部の活躍が目立った。また、ボランティア活動も学校内外問わず、積極的に参加し、生徒会主催で行なわれている「ふれあいコンサート」も今年度で15回を迎える。