学校法人 追手門学院 学校法人 追手門学院

創立年月日 1888年4月29日 所在地 大阪府
校種 幼稚園/小学校/中学校/高等学校/大学

「独立自彊・社会有為」を教育理念とし、こども園から小中高大、そして大学院までの教育機関を擁する総合学園。

詳細を開く

◆併設校
「追手門学院大学・大学院」
〒567-8502 大阪府茨木市西安威2-1-15
http://www.otemon.ac.jp/

「追手門学院中・高等学校」
〒567-0008 大阪府茨木市西安威2-1-15
http://www.otemon-jh.ed.jp/

「追手門学院大手前中・高等学校」
〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前1-3-20
http://www.otemon-js.ed.jp/

「追手門学院小学校」
〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前1-3-20
http://www.otemon-e.ed.jp/

「幼保連携型認定こども園 追手門学院幼稚園」
〒560-0084 豊中市新千里南町1-3-3
http://www.otemon-youchien.ed.jp/
教育戦略

追手門学院は、2008年に創立120周年を迎え、新たなる出発をしました。

(1)自校教育
(2)キャリア教育
(3)国際理解教育
(4)心の教育
(5)志の教育

を学校の教育目標とし、幼・小・中・高・大それぞれの発達段階に応じた教育を実践しております。
また、総合学園としての一体性、各学校・園間の連携の円滑な遂行を目指し、一環連携教育に取り組んでいます。  

求める人物像

【中・高等学校(茨木校舎)】
・「教育的愛情」のある意欲的な先生
・「相手理解」を第一とするコミュニケーション力のある先生
・「学びへのモチベーション」の高い先生

を求めています。

・「教育的愛情」のある意欲的な先生
学校を卒業して、この不確実な社会で生きていく生徒に力をつけたいと強く願う先生。だからこそ、願いだけでなく、それを自身の行動につなげ、生徒にどういう力をつければいいのか、そのために自分は教師としてどういう力をつけるべきかと考え、自己研鑽する姿勢をもつことが大切です。

・「相手理解」を第一とするコミュニケーション力のある先生
学校では、コミュニケーションは「相手と自分とのキャッチボール」というより、「相手(生徒)理解」を第一とする姿勢が求められます。
生徒との日常的なつながりを重視していること、教員のチームワークの良さや教員同士の話し合いを大切にしていることが本校の特色であり、学校文化であるといえます。

・「学びへのモチベーション」の高い先生
「先生の学びへの意欲が、生徒の学びへの意欲を喚起する」と言われます。生徒に伝えよう、伝えたい、と先生のワクワクした姿勢が、生徒の心を動かします。生徒が学びに向うのは、そうした先生自らが学ぶ姿勢です。現在、本校では教員の研修に力を入れ、組織的系統的に「研修」に取り組んでいます。           

【大手前中・高等学校】
中学・高校の6年間は、長い人生の中でもっとも著しく身体的にも精神的にも成長する時期に当っており、その様相たるやまさに「疾風怒涛」そのものであります。
 人生の模索、探求及び様々な試行錯誤を繰り返す中で、中・高生は、時には予想出来ないような深刻な状況にさえ陥ることもある。このような状況においては、保護者・教員の的確な理解と適切な指導・助言が、自我に目覚め、個人としての独立を達成しようと精進している中・高生に対して、真に期待される望ましきものであることが要求されます。
 生徒を温かく、穏やかに、面倒見よくじっくり個性や才能を引き出す「こころの教育」に取り組める教員。また、より高い学力、やる気、本気を与えることが出来る教員を求めています。