学校法人中延学園 朋優学院高等学校

創立年月日 1946年4月1日 所在地 東京都
校種 高等学校

自ら学び、共に成長し、自ら動き、共に成長を創る。 『高校単独校の最高峰を目指して 』

詳細を開く

本学院では、生徒と教員がお互いに自己発信することを重視しています。それにより、さまざまな価値観を認め合い、多様な世界観と共生できるようになるからです。どんな状況にあっても自信をもって自らの道を切り開く「自立」の力。その力を自分の為だけでなく、社会の為にも生かせる「共生」の精神。これら両方を兼ね備えた人を育てる本学院のコース制教育システムは、生徒ひとり一人の個性や才能を伸ばすコースで構成されています。【国公立コース・特進コース】
学校法人名
ガッコウホウジンナカノブガクエン学校法人中延学園
学校名
ホウユウガクインコウトウガッコウ朋優学院高等学校
校種
高等学校
建学の精神
自立と共生
建学の精神の説明
『自立』とは、生徒の自己肯定感を育成し主体性を引き出すことであり、自らで考え自ら伸びていく力を養成することを意味します。そして『共生』とは、仲間と切磋琢磨する精神や、他者を敬い多様性を受容する心を育てることをめざすものです。
教育方針
少子高齢化や所得格差、グローバル化する世界における日本の地位の衰退。さらに先の見えない社会構造や経済システムの変化。こうした現在の日本が抱える問題は、すでに今世紀の初めには日本人皆が何となく感じ始めていました。
そのような不安な21世紀の幕開けの中、本校は「朋優学院」としての歩みを始めました。そしてその時、道標として掲げられた教育理念が『自立と共生』です。この言葉には今でも、これからの世界の現実に立ち向かうための本校の教育的理想が表現されていると考えます。
本校が考える『自立』とは、生徒の自己肯定感を育成し主体性を引き出すことであり、自らで考え自ら伸びていく力を養成することを意味します。そして『共生』とは、仲間と切磋琢磨する精神や、他者を敬い多様性を受容する心を育てることをめざすものです。
不透明な時代だからこそ、確かな自分を持ち、多様な人々と協力し合うことが不可欠です。様々な個性や能力がぶつかりあい刺激しあう中で、お互いを認め、支え合って成長していく。そんな学校生活を 共に創っていきましょう。
理事長名
佐藤裕行
校長名
佐藤裕行
所在地
〒140-8608
東京都品川区西大井6-1-23
地図
電話番号
0337842131
FAX番号
0337881190
学校HP URL
http://www.ho-yu.ed.jp
学校種別
共学校
生徒数
1356 人
教職員数
100 人
学科
普通科
コース
国公立コース、特進コース
主な進学実績
2019年度進路実績

【国公立大学】・・・61名
~主な合格大学~
・東京大学3名
・東京工業大学3名
・北海道大学5名
・東北大学3名
・大阪大学2名
・九州大学1名
・横浜国立大学5名
・千葉大学6名
・東京都立大学5名
・東京外国語大学1名
・東京農工大学1名

【最難関私立大学】・・・112名
・早稲田大学45名
・慶應義塾大学5名
・上智大学31名
・東京理科大学31名

【難関私立大学】・・・320名
・明治大学63名
・青山学院大学34名
・立教大学62名
・中央大学55名
・法政大学89名
・学習院大学5名
・立命館大学9名
・関西学院大学3名

現在挙げている進路目標~
・東大、京大、東工大、一橋大への複数合格
・国公立大、早慶上理、合格者100名以上
・GMARCH合格者200名以上
主な部活動実績
【硬式野球部】
 2016年 第98回全国高等学校野球選手権大会 東東京大会 ベスト16
 2014年 第96回全国高等学校野球選手権大会 東東京大会 ベスト16
 2011年 第93回全国高等学校野球選手権大会 東東京大会 ベスト8

【ダンス部】
 2017年 USAジャパン全国大会出場
 2015年 ダンススタジアム全国大会出場

【華道部】
 花の甲子園2017関東地区大会2位
 花の甲子園2016 地区大会 パフォーマンス賞
 花の甲子園2015 地区大会 優勝
 花の甲子園2014 地区大会 優勝

【軽音楽部】
 2017東京都高等学校バンドフェスティバル グランプリ
 2016全国大会 奨励賞