洛陽総合学院 洛陽総合高等学校

創立年月日 1924年4月1日 所在地 京都府
校種 高等学校

洛陽総合高校は 「一人一人の個性を尊重し、自己実現をサポートする学校」 をめざして教育活動を行っています。

詳細を開く

洛陽総合高校は、京都市内でただ1つの総合学科の高校です。
2年次からは5系列(教養、情報、調理、美術・工芸、保育・福祉)のいずれかに所属して、“未来のために準備された”多くの授業を生徒自身で選択できます。
その、さまざまな授業を支えるのが真新しい校舎で、生徒が学びたいことをじっくりと学ぶことができるように、最新の機材がそろった特別教室を整えています。
学校法人名
ラクヨウソウゴウガクイン洛陽総合学院
学校名
ラクヨウソウゴウコウトウガッコウ洛陽総合高等学校
校種
高等学校
建学の精神
「誠実」「勤労」「忍耐」「温和」を校訓としています。
建学の精神の説明
本校は大正13年に、創設者の土屋せい先生によって創設されました。
当初は洛陽高等技芸女学校という校名で、女性たちに和裁洋裁の技術を教えることを目的にしていました。
土屋せい先生の「職業に繋がる技術を体得することで、人は社会人としての人格と、自分の人生を選び取る自由を得ることができる」という強い想いが建学の精神の基礎となっています。

洛陽総合高校は、建学の精神を受け継ぎ「人が自らの人生を主体的に選んで生きる力」を培うための教育を重視しています。
本校の校訓は、本校が考える生きる力の基礎となる4つの言葉を定義したものです。
人生を主体的に選ぶには、自分自身に「誠実」に向き合い、自己の価値観に気付いていくことが必要です。
また、自分の人生を選び進んでいくためには、うまく行かなくても耐える「忍耐」も必要です。
同時に、人生に向き合うためには、心を「温和」に落ち着ける感情のコントロールも必要です。
このような精神をもって、社会人として勤めを果たすこと(勤労)が実現すると考えています。

教育方針
どれほど社会が変化しても、
生徒一人ひとりが、幸せに生きる為に必要な力があります。
本校では社会人として求められる人財となるために、
「自分をよく見つめ、自己の特性を発見し、
時代の変化に負けない力」を育むことを目指しています。

〜教育方針〜
本校の大きな特徴となる総合学科は、系列ごとに様々な選択科目が開設されています。
それは、社会が急激に変化する中で、多様な進路選択に対応できる学校でありたい、という想いに対する一つの答えだと考えています。
多様であるが故に、自身の進む道を選択できないといった問題もあります。キャリア教育においては、特に自身の進路選択の基準を明確にしていく事が重要になります。だからこそ、本校では生徒の向学心を大切にし、一人ひとりの生徒と丁寧に関わりながら、責任を持って進路選択の指導を心がけています。
また、本校では社会の変化に対応するために、絶えず科目の見直しを進めるだけでなく、高大連携事業なども積極的に進めています。生徒が大きく変化できる環境を作るために、本校も時代に合わせて変化しています。
「一人ひとりの個性を尊重し、自己実現をサポートする学校」として社会に貢献できる学校であり続けます。
理事長名
土屋 順敬
校長名
土屋 智裕
所在地
〒604-8453
京都府京都市中京区西ノ京春日町8
その他所在地
JR嵯峨野線 円町駅下車 徒歩2分
地図
電話番号
075-802-0394
FAX番号
075-822-0472
メールアドレス
Info@rakuyo.ed.jp
学校HP URL
http://www.rakuyo.ed.jp/
学校種別
共学校
生徒数
750 人
教職員数
60 人
学科
総合学科
コース
◉教養系列
◉情報系列
◉調理系列
◉美術・工芸系列
◉保育・福祉系列
(本校はコース制ではありません。2年次から、自身の興味関心を元に多様な学びを選択するというコンセプトの元に各種系列を設置しています。各系列の科目群では、専門性のある内容を学ぶことが可能です。)