栗本学園 名古屋国際中学校・高等学校

創立年月日 1935年 所在地 愛知県
校種 中学校/高等学校

平成20年度 文部科学省 教育改革推進モデル事業において、特色ある教育を進める私立学校のモデル校として採用されました。

詳細を開く

世界と日本の未来を担う国際人になるために
私たちが生きる現代社会は、知識基盤社会の到来、急速なグローバル化の進展、情報技術の飛躍的な向上、地球環境の深刻化などの中、極めて大きな歴史的変動の時代を迎えています。本校は、このような現代社会に必要とされるグローバルリーダー、つまり「未来の国際人」を育成することを目標としています。国際人とは、自国のアイデンティティを備え、異国の地においても平常心で行動ができ、異文化で育った人間とともに国際社会の発展を推進できる人間を言います。
本校はスクールポリシーでもある「開拓者精神(フロンティア・スピリット)」を基軸として、国際教養が自然に身につく教育環境を作り、生徒の可能性を引き出しています。特に、論理的思考力や表現力、さらには探究心や学術的思考、異文化に対する理解と寛容性などを育むために、総合的でバランスのとれた世界水準のカリキュラムの導入を図っていきます。また、国際化を進める国内の大学や海外の大学、企業、国際機関等と連携して、質の高いカリキュラムの開発や実践を進めていきます。
教育戦略

名古屋国際では、国際的に活躍できるグローバル・リーダーに求められる国際的素養は、次の5つの能力の向上によって醸成されると考えています。

国際的な視野に立って思考する能力
 国際社会の多様性を理解する視野を身につけるために、海外での生活を経験することが有益です。

外国語でコミュニケーションする能力
 国際共通言語である英語は、国際的な場面で自分を正確に表現するツールとしてきわめて重要です。

寛容な態度をもって問題を解決する能力
 価値観の相違を乗り越えるために、他者への寛容な態度と幅広い知識を身につけることが求められます。

物事を主体的に探究する能力
 与えられた学習ではなく、常に主体的・能動的に探究する意欲と態度を身につけることが必要です。

自らを省察して多面的に評価する能力
 現状に甘んじることなく、常に向上心を持って自分を振り返り学び続ける姿勢が自分を伸ばします。

求める人物像

先進的な教育活動を展開する本校において、熱意と意欲をもってともに学校を作り上げてくれる方。
多様な可能性を秘めた生徒の力を教科指導だけではなく、学級経営や部活動などを通じて幅広い分野で伸ばしてくれる方。
柔軟な思考と俊敏な行動力で学校の発展に貢献してくれる方。
自らも国際的な視野をもち、未来の国際人たる生徒たちを健全に導いてくれる方。
[具体的な職務内容]
教科指導 学級経営 生徒指導 進学指導 部活動 生徒募集活動